バイクの処分のする際の手続きってどうするの?徹底解説!

バイク処分.com では、福岡市・北九州市を中心に福岡・熊本・大分・佐賀・長崎のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。

Posts Tagged ‘バイク 処分’

バイクの処分のする際の手続きってどうするの?徹底解説!

「バイクを処分したいけど手続き方法を知りたい」「バイクを処分する手続きって面倒なの?」と思っていませんか?バイクの種類によって手続きの方法が微妙に違う事をご存知でしたか?この記事では、バイク別の処分方法とおすすめの方法について徹底解説します。

原付バイク(125㏄以下)の処分に必要な手続き

125cc以下の原付バイクを処分する時に必要な手続きは、市役所で行います。手続きに必要な書類はこちらです。

●ナンバープレート
●標識交付証明書(ナンバープレートを交付された際に受け取った書類)
●軽自動車税廃車申告書 兼 標識返納書(市町村役所にて入手できます)
●印鑑

市役所で手続きをする前にナンバープレートを外しておく必要があります。ナンバープレートはドライバーを使って簡単に外れますので、自分で外しましょう。

その後、市役所で手続きを終えると「廃車申告受付書」を渡されます。「廃車申告受付書」をバイクの無料引取業者ににバイクの本体と一緒に渡せばバイクの処分は終了です。
125cc以下の原付の廃車手続きをする場合、手続きにかかる料金は無料です。

軽二輪車(126~250㏄)の処分に必要な手続き

126〜250ccのバイクのことを軽二輪車と呼びますが、軽二輪車を処分するための手続きは運輸局または自動車検査事務局で行います。手続きに必要な書類はこちらです。

●軽自動車届出済証
●ナンバープレート
●軽自動車税申告書
●申請書(OCRシート軽二輪第5号様式)(陸運局で受け取れる)
●印鑑

住んでいる場所が手続きする予定の運輸局の管轄外である場合、住民票も必要です。
原付の場合と同様、手続き前にナンバープレートを外しておきましょう。外したナンバープレートを持って運輸局の手続きカウンターで手続き後、交付された「軽自動車届出済証返納証明書」を持ってバイクの無料引取業者ににバイクの本体と一緒に渡せばバイクの処分は終了です。

軽二輪車の手続きにかかる費用は、無料です。

大型バイク(251㏄以上)の処分に必要な手続き

250cc以上のバイクのことを大型バイクと呼びますが、大型バイクの処分手続きを行うときの手続きも運輸局か自動車検査事務所で行います。

軽二輪車の書類より多くの書類が必要です。
大型バイクの処分の手続きに必要な書類はこちらです。

●車検証
●ナンバープレート
●軽自動車税申告書
●申請書(OCRシート3号様式の2
●印鑑

住んでいる場所が手続きする運輸局の管轄外である場合、住民票も持っていきましょう。申請書(OCRシート3号様式の2と、軽自動車税申告書は運輸局で受け取れます。

ナンバープレートを外し運輸局のカウンターで手続きをしましょう。運輸局の指示に従って手続きを進めますが手数料納付書に350円の手数料印紙を貼って提出したりと、他のバイクの手続き方法と異なる点があります。

廃車手続きが完了しましたら「自動車検査証返納証明書」が渡されるので紛失しないように保管してください。

バイクを処分する際の費用とおすすめの処分の方法とは?

このようにバイクの処分はバイクの種類によって少しずつ異なります。

バイクの処分手続きを自分で行うこと可能ですが、代行で行ってもらうこともあります。バイク屋で廃車手続きを依頼する場合の費用は、平均して5000円ぐらいです。

当社のような無料引取業者に依頼していただければ全て無料です。

自分で手続きをする場合、先ほども紹介した通り原付と軽二輪だと無料。大型バイクの処分の手続きにかかる費用は印紙代の350円です。

自分でバイクの処分手続きをした方が圧倒的に安くお得であることがメリットですが、自分でややこしい手続きをしなければならないのがデメリットと言えるでしょう。なので、当社のような無料引取業者にバイクの引取と一緒に無料廃車手続きを依頼するのがベストです。

このようにバイクの処分はいろいろな書類を準備し手続きが必要ですので、自分で処分してしまう前にプロに相談することをおすすめします。
「プロと言っても誰に相談すればいいの?」とお考えではないでしょうか?

一番おすすめなのは、無料処分業者に相談することです。バイクの処分について実際的なアドバイスをくれますし、処分の代行をしてくれる場合が多いです。処分したいバイクの状況を確認しながら合法的にバイクの処分する方法を知ることができるでしょう。

まとめ

バイクの処分の手続き方法や手続きの場所は、バイクの種類によって異なります。バイクの方が大きくなるほどに手続きに必要な書類増えます。もちろん自分で手続きをすることも可能ですし、手続き後に自分で廃棄処分をすることも可能です。

しかし、廃車手続き後に実際に廃車をするためのにも費用や労力がかかりますので、無料処分業者に相談することをおすすめします。

バイクを処分する機会はそんなに頻繁にあるわけではありません。慣れてない場合は、バイクの処分について詳しいプロの意見を聞き、自分にとってぴったりな決定をしましょう。

排気量 手続き場所 手続きの資料 費用
原付(125cc以下) 市役所 ナンバープレート
標識交付証明書
軽自動車税廃車申告書 兼 標識返納書
印鑑
無料
軽二輪車(126~250cc以下) 運輸局・自動車検査事務局 軽自動車届出済証
ナンバープレート
軽自動車税申告書
申請書(OCRシート軽二輪第5号様式)
印鑑
無料
大型バイク(251cc以上) 運輸局・自動車検査事務局 車検証
ナンバープレート
軽自動車税申告書
申請書(OCRシート3号様式の2)
印鑑
350円(印紙)

バイクの処分にはどれくらいの価格が必要?徹底解説!

「まだまだ乗れるけどしばらく乗ってないから」「故障したから」など、愛車のバイクを処分する理由はさまざまです。

どんな理由があるにしろ、処分する時にどれくらいの費用が必要か気になりますよね。
この記事では、バイクの処分にかかる価格を処分方法ごとに徹底解説します。

 

バイクを処分するにはどんな方法があるのか?

バイクの処分方法は大きく分けて4つあり、それぞれの方法によって処分にかかる費用が変わります。
バイクの処分方法の違いやメリット、デメリットについて知っておくのは大切です。まずはバイクの処分方法を簡単に説明します。

バイクの処分方法は大まかに分けて
1,解体処分
2,廃車処分
3,リサイクル処分
4,無料処分業者に依頼する方法

の4つです。

1の解体処分は、バイクをそれぞれのパーツに分解してもらう方法で、解体業者に依頼します。

2の廃車処分は廃車手続きを行いナンバープレートを返却する方法です。業者に委託もできますし、自分で手続きを行うこともできます。

3のリサイクル処分はバイクをリサイクル会社に持って行く方法です。手軽にしかも無料でバイクを処分できるのがメリットですが、バイクを悪用する悪質なリサイクル会社がいないわけではありません。トラブルを避けるためには廃車手続きを行った後で、リサイクル会社に持っていくのがおすすめです。

4の無料処分業者に依頼する方法は、手続きのプロが処分の手続きを行ってくれます。トラブルに巻き込まれる心配もないので素人には一番安心の方法だと言えるでしょう。

バイクを解体処分する際の価格は?

バイクを解体処分する際の価格は1~2万円です。バイクを解体処分する方法は、バイクをエンジン、タイヤ、ホイールなどそれぞれのパーツや部品に分解してもらう方法です。

故障したバイクでも部品によっては再利用できるパーツもありますので資源を大切にするという意味でもお金になるという意味でもメリットが大きいと言えるでしょう。バイクを解体処分する場合、解体業者に持っていき手続きを行います。

バイクを解体処分する方法は、バイクをエンジン、タイヤ、ホイールなどそれぞれのパーツや部品に分解してもらう方法です。

先ほども紹介した通り解体処分にかかる費用は1~2万円です。中には悪質な業者もあり、バラバラに解体した後で高額な費用を請求されることがあります。解体処分の手続きをする前にリサーチをして業者の評判を確かめましょう。

解体処分をする前にバイクを廃車処分にしておく必要があり、廃車処分の手続き費用も考慮に入れておくことが大切です。

バイクを廃車処分する際の価格は?

バイクを廃棄処分する時にかかる費用は業者に委託すると5000円、自分で手続きすると1000円以下です。

廃車手続きの方法はバイクの種類によって異なり、125cc以下のバイクだと市役所で、126cc以上のバイクの場合運輸局で行います。

125cc以下のバイクの廃棄手続きに必要な書類は、ナンバープレート、印鑑、標識交付証明書、軽自動車税廃車申告書兼標識返納書です。手続き後、ナンバープレートを返却します。この場合、手続きにかかる費用は無料です。

126㏄以上250㏄以下の軽二輪自動車に必要な書類は、軽自動車届出済証、ナンバープレート、印鑑、申請書(OCRシート軽二輪第5号様式)、軽自動車税申告書です。軽自動車税申告書、申請書(OCRシート軽二輪第5号様式)は運輸局で受け取れます。手続きにかかる費用は、無料です。

251㏄以上の小型二輪自動車の廃棄手続きに必要な書類は車検証 (自動車検査証)、ナンバープレート、軽自動車税申告書、申請書(OCRシート3号様式の2)、手数料納付書、印鑑です。

軽自動車税申告書、申請書(OCRシート3号様式の2)、手数料納付書は運輸局で受け取れます。手続きの際に印紙を支払う必要があり350円です。

バイクを無料処分してもらうことはできるの?

無料処分業者に依頼すれば動かなくなったバイクや処分費用がかかりそうなバイクも無料で引き取ってもらえます。

処分業者はそのようなバイクを引き取って、使える部品をリサイクルしたり、動くように整備した後に、海外へ輸出したりしています。

特に面倒な手続きが苦手な人や、初心者は無料処分業者のところに持っていくのが無難です。

バイクの無料処分を行っている業者はバイク処分のプロでもあるので、バイクを処分する時にいろいろと相談にのってもらえるのもメリットです。プロの意見を聞いて最善の方法を決定しましょう。

まとめ

バイクの処分にはいろいろな方法があり、方法によって必要な価格が異なります。きちんとした相場や情報を知らずにバイクを処分した場合、トラブルに巻き込まれたり、高額の料金を請求されたりする可能性もあるのです。

そのため、価格の相場をきちんと確認しましょう。まずはバイクの処分業者に相談し、プロの意見を聞くことが最善であり、無駄な出費や労力がかかるのを避けられます。

業者 価格 注意点と補足点
解体処分 1~2万円 廃車処分後に行う
悪質な会社から高額請求されることも
廃車処分 自分で手続き:1000以下
代行:5000円
リサイクル処分 無料 廃車処分後に行う
悪質な会社が悪用することも
リサーチをする必要がある
無料処分業者 無料で引き取り プロの意見を聞いて安心して処分できる

バイクを処分したい!手続きに必要な書類を徹底解説!

「バイクを処分したいけどどの書類を準備したらいいの?」「バイクを処分する書類の中で、自宅から持っていくものはどれ?」など悩んでおられませんか?

バイクの処分に必要な書類はバイクの種類によって異なります。この記事では、バイクの種類別にバイクの処分に必要な書類について徹底解説します。

原付バイク(125㏄以下)の処分に必要な書類

125cc以下のバイクの処分は市役所で行い、必要な書類は次の通りです。

ナンバープレート
標識交付証明書
軽自動車税廃車申告書 兼 標識返納書
印鑑

バイクについているナンバープレートを自分で外し、他の書類と一緒に窓口に提出します。標識交付証明書とは、ナンバープレートの手続きをした時に一緒にもらう書類のことです。

「軽自動車税廃車申告書 兼 標識返納書」は市役所にて受け取れます。自分で用意する書類は、標識交付証明書、印鑑です。

手続きが終わると「廃車申告受付書」を渡されます。
廃車申告受付書は再度登録をする時に必要な書類ですので大切に保管しておきましょう。

軽二輪車(126~250㏄)の処分に必要な書類

126〜250ccのバイクのことを軽二輪車と言いますが、軽二輪車の処分手続きは運輸局で行います。軽二輪車の処分手続きに必要な書類について、近畿運輸局の公式ページにはこのような指示が出ています。

申請に必要な書類等
【1】軽自動車届出済証
【2】ナンバープレート
※盗難・遺失により返納できない場合は、警察への届出及び理由書の提出が必要となります。
【3】申請書(OCR申請書 軽二輪第5号様式)→ダウンロードはこちら
【4】手数料納付書(※手数料不要)
【5】使用者の記名がある委任状(代理人申請の場合)《委任状に替えて申請書に記名でも可》
【6】その他

※軽自動車届出済証の記載内容と現在の住所や氏名・名称が変わっている場合は
以下の書類が必要です。

・個人の場合
→住民票等(発行後3ヶ月以内)のもの〔写し可〕
※住民票は個人番号(マイナンバー)の記載されていないものをご用意ください。

・法人の場合
→商業登記簿謄本等(発行後3ヶ月以内)のもの〔写し可〕
※この場合、記載変更が必要となるので、申請書(OCR申請書 軽二輪第1号様式)
が別途必要となります。」

引用:近畿運輸局公式ページ”

申請書や、納付書はダウンロードすることもできますし、運輸局で受け取ることもできます。

自分で自宅から持参する必要があるものは、軽自動車届出済証、外した状態のナンバープレート、委任状(本人以外の場合)、印鑑です。

住所登録している住所が、手続きする運輸局の管轄でない場合、発行後3ヶ月以内の住民票も忘れないようにしましょう。

大型バイク(251㏄以上)の処分に必要な書類

排気量が251cc以上のバイクを大型バイクと呼びますが、大型バイクの手続きも運輸局で行います。軽二輪車と手続きに必要な書類が異なりますので注意しましょう。

大型バイクの手続きに必要な書類についての詳細も、近畿運輸局のホームページに掲載されています。

申請に必要な書類等
【1】自動車検査証
【2】ナンバープレート
※盗難・遺失により返納できない場合は、警察への届出及び理由書の提出が必要となります。
【3】申請書(OCR申請書第3号様式の2)→ダウンロードはこちら
【4】手数料納付書(検査登録印紙350円)
→納付書は窓口にて無料配布、印紙は構内の売店にて販売。
【5】使用者の記名がある委任状(代理人申請の場合)
《委任状に替えて申請書に記名でも可》
【6】その他

※自動車検査証の記載内容と現在の住所や氏名・名称が変わっている場合は以下の書類が
必要です。

(1)個人で住所が変わっている場合
→変更内容の確認できる住民票等(発行後3ヶ月以内のもの〔写し可〕)
(検査証に記載の住所からつながらない場合は、住民票除票・戸籍の附票も必要に
なります)
※住民票は個人番号(マイナンバー)の記載されていないものをご用意ください。

(2)個人で名字が変わっている場合
→戸籍謄本等(発行後3ヶ月以内のもの〔写し可〕)

(3)法人で会社名や所在地が変更になっている場合
→商業登記簿謄本等(発行後3ヶ月以内のもの〔写し可〕)
※この場合、記載変更が必要となるので、申請書(OCRシート1号)が別途必要となります。

引用:近畿運輸局ホームページ

この書類に加え、印鑑が必要です。

申請書や納付書は運輸局でも受け取れますが、申請書はダウンロードしてあらかじめ準備しておくことも可能です。

自宅から準備する必要のあるものは、自動車検査証、外したナンバープレート、委任状(代理の場合)です。軽二輪車と同じく、登録住所が陸運局の管轄でない場合は住民票が必要になることを覚えておきましょう。

バイクを永久抹消登録や一時抹消登録する際の注意点と解決策

バイクの廃棄登録には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類あります。永久抹消登録は、バイクが事故などの原因で潰れてしまったり、完全に故障してしまったりして潰す必要がある時に行う手続きです。

一時抹消登録はバイクを他の人に譲る、売るなどの理由で自分の手元から離れる時に行います。多くの場合一時抹消登録を行うケースの方が多いでしょう。一時抹消登録を行った場合、証明書が発行されます。発行所はバイク登録の際手続きをするのに必要な書類ですのでしっかり保管しておきましょう。

このように、バイクの廃棄手続きにはさまざまな書類が必要です。廃棄する目的により永久抹消登録にするかのか一時抹消登録にするかなどの方法も異なります。

そのため自分の判断で廃棄登録を行う前にプロに相談するのがおすすめです。

相談場所として最善なのは、当社のようなバイク無料処分業者です。当社でしたら長年のバイク廃車の経験から、バイクの廃棄に関する法律や方法について詳しく、バイクにとってどの方法が最善なのか提案させていただきます。

まとめ

バイクの種類によって、廃棄処分に必要な書類は異なります。

共通して言えることはナンバープレート、車検証などの登録証、印鑑は自宅で用意しておく必要があることです。また手続き方法を間違えないためには、バイク無料処分業者に相談し意見を聞きましょう。

廃棄処分に関する情報を熟知したプロが正しく説明してくれますので、失敗せずに手続きを行えるでしょう。

排気量 手続き場所 手続きの資料 費用
原付(125cc以下) 市役所 ナンバープレート
標識交付証明書
軽自動車税廃車申告書 兼 標識返納書
印鑑
無料
軽二輪車(126~250cc以下) 運輸局・自動車検査事務局 ナンバープレート
軽自動車税申告書
軽自動車届済証
申請書(OCRシート軽二輪第5号様式)
印鑑
無料
大型バイク(251cc以上)/td> 運輸局・自動車検査事務局 車検証
ナンバープレート
軽自動車申告書
申請書(OCRシート3号様式の2)
印鑑
350円(印紙)

バイク処分.comの対応エリア

バイク処分.com では、福岡市・北九州市を中心に福岡・熊本・大分・佐賀・長崎のバイク・原付を無料で廃車回収いたします。
Copyright© 2014?2021 福岡市・北九州市を中心に福岡・熊本・大分・佐賀・長崎のバイク・原付を無料で廃車回収 バイク処分.com All Rights Reserved.